賃貸敷金を交渉する

賃貸契約時の敷金とは

賃貸物件での敷金の交渉

賃貸物件の契約の際には、まとまった資金が必要になります。礼金の場合には、大家さんへのお礼でもあるので交渉することは難しいのですが、敷金の場合には交渉して値段を下げてもらえるケースもあります。賃貸物件を退去することになった場合、大家さんがその人に貸した物件なのに設備を壊されてしまったり傷を付けられてしまったという場合に修理をするための費用を預かっておいてもらうものであり、もしも何もなければ借りた人に返金されるものです。安くしてもらったということは、修理費用が高額になった場合には不足分を請求される可能性があるということもわきまえておく必要があります。

賃貸契約初期用のひとつ敷金

賃貸契約を正式に取り交わす時にはまとまった金額の初期費用が必要です。そのひとつ敷金は、民法の中でも物件を借りる際の担保金として明確に定められています。担保金というのは、その物件を借りてそこに住む人の債務の担保です。借り手の債務は、主にふたつです。ひとつは毎月の家賃の支払い、そしてもうひとつはその物件契約を解約して退去する時の室内の修繕やリフォーム費用です。敷金は、それらの担保のため、つまり家賃を延滞してしまったり退去時に修繕が必要な場合に充当する目的で契約時に大家さんに家賃の何か月分といったまとまった金額を預けておくものです。賃貸契約書には、物件退去時の担保金の扱いについて重要事項として記載されています。

↑PAGE TOP